国立研究開発法人国立長寿医療研究センター|認知症臨床研究・治験ネットワーク|愛知県/大府市

認知症臨床研究・治験ネットワーク

医療機関様のメリット

認知症臨床研究・治験ネットワークを利用する医療機関様のメリット

① 認知症に特化したネットワークであるため、ネットワーク内で標準化された診療 ・ 研究に関する新しい情報を提供します。

② 施設選定 ( 医療機関、治験責任医師の要件調査 ) 窓口を一元化することで、試験を迅速に実施することができます。

■ 各施設の臨床研究 ・ 治験実施体制 ( 外来患者数、IRB、MRIやPET検査など ) について、ネットワーク事務局が
     調査 ・ 把握しておき、一括して依頼者に提供します。

③ 臨床研究 ・ 治験教育環境を整えています。

■ ITなどを利用して、CRCや臨床心理士らによる合同勉強会を実施し、スキルアップを図ります。

④ スタッフ ※  の支援を受けられます。  ( ※コーディネーター、臨床心理士 )

■ 施設からの要望に応じてスタッフ派遣のコーディネートを行います。
■ 臨床心理士による神経心理検査のトレーニングを行い、心理検査のバラつきを最小限に抑えます。

⑤ MRI、SPECTおよびFDG/アミロイドPETの撮像準備・検査を支援します。

■ 施設間で撮像方法や品質管理、解析方法の標準化を行うことで、画像データの施設間差を最小限に抑えます。